足利の内科・皮膚科、形成外科、最新の医療レーザーによる美容診療

メディカルピーリング

  • HOME »
  • メディカルピーリング

メディカル・ピーリング法のお知らせ

サリチル酸マクロゴール法:調合の難しい医薬品のためエステなどでは使用が認められていません。

price1回¥10,000(顔)
全国平均は¥12,000です。背中・腕・その他の部位についてはご相談下さい。

適応になる方(1ヶ月に2回以上でも可)

ニキビ
毛穴づまりしやすい肌質
脂性肌や表面の凸凹(男性もぜひ、どうぞ)

シミの予防
くすみ
美白

はり・たるみ予防
こじわ・老化予防

肌荒れ
肌のキメを整える

単独でも効果は確実にあります。レーザー治療と併用も可能です。
詳しくは皮膚科 看護師までご相談ください。

当院では、ケミカルピーリングによる治療を行っております。

ケミカルピーリングは、皮膚表面の古くなった角質を除去することにより若く、みずみずしい皮膚の再生を促す方法です。当院では専門医による診察後高品質のサリチル酸マクロゴールを使用し、安全で効果的に治療を行います。

適応症

  • ニキビ肌・ニキビ跡
  • 黒ニキビ・白ニキビ
  • 毛穴の開き・美白
  • 顔全体のくすみ
  • 小じわ 等

~健康保険の対象外となります~
症例に応じて受付させていただきますので
お気軽にご相談ください。

ケミカルピーリングの効果

ドクター情報:医療機関でのピーリングについて

すでに瘢痕化(治ったあとにできる跡)したざ瘡(ざそう)の美容皮膚科学的治療は模索中の段階といって過言ではありません。ただ、近年、SA-PEGピーリング(当院ピーリング)で皮膚のskin-textureを変化させることが証明されました。

「夏蜜柑」様の皮膚は柔らかくなり、毛穴は小さくなりポチャポチャの皮膚になります。
その結果、ざ瘡瘢痕は明らかに目立ちにくくなります。ピーリングにより毛包内角質はほとんど剥離され、ざ瘡の初期疹としての面皰(めんぽう:にきび)形成を抑制し、ざ瘡の新生、さらには瘢痕形成を阻止しすることができます。

瘢痕化したざ瘡治療が完全に満足のいくものではない現在、瘢痕形成阻止治療としてのケミカルピーリングは思春期より安全かつ長期に施術できる点で大きな価値があると考えます。

日本皮膚科学会「尋常性ざ瘡治療ガイドライン」の治療アルゴリズム

日本皮膚科学会「尋常性ざ瘡治療ガイドライン」の治療アルゴリズム

ケミカルピーリングをうける患者様へ(にきび用・中学生から可)

Doctor's advice
脱毛や顔剃りなど、角質層を傷める処置はピーリング施工の3日前より中止してください。ケミカルピーリングは、にきびの角質細胞に働きかけ、なめらかな、透明感のある肌を手に入れる医学的に確実な方法です。

ただ、一時的に角質層をやや薄くしますので、紫外線を防御する機能が少し低下する方もいますので、必ず日焼け止めはお使い下さい。
(ご希望者の方には適切な日焼け止めのサンプルをお渡しします。)

アトピー性皮膚炎や、皮膚の特に弱い方・薄い方は診察の上、薬品濃度の調整を行います。

角質層の新陳代謝を早めるため、ケミカルピーリング後は薄い皮むけが起こる方もいますので、保湿はしっかりなさって下さい。
(乳液やクリーム・美容液は可。化粧水は施術後3日間不可。)

より美しく若々しい素肌を手に入れましょう!!

美容医療レーザーについてはこちらにお問合せ下さい。 TEL 0284-73-1212 栃木県足利市借宿町610-7

PAGETOP
Copyright © うるしばらクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.