足利の内科・皮膚科、形成外科、最新の医療レーザーによる美容診療

「おなか」のお話ー漆原史彦医師よりーより早期に!より正確に!より痛みを少なく!・・・新しい大腸内視鏡!

  • HOME »
  • »
  • 「おなか」のお話ー漆原史彦医師よりーより早期に!より正確に!より痛みを少なく!・・・新しい大腸内視鏡!

「おなか」のお話―漆原史彦医師より―

うるしばらクリニックの新しい大腸内視鏡への取り組み
より早期に より正確に より痛みを少なく…
癌死亡率の中で大腸癌は女性1位・男性3位となっています。

  1. 従来のものに比べ、早く効果が出て少量ですむ下剤(腸管洗浄剤)を取り入れています。
  2. 短時間での内視鏡検査を可能にするために、軸保持式短縮法という挿入法を実施しています。
  3. 数種類の直径の内視鏡を常備用意し、過去において複数回の手術歴があり内視鏡が入りにくい方や、女性の患者様には、より細い内視鏡を選択しています。
  4. 御希望があれば、患者様の体質に合わせて適切な鎮静剤を選び、リラックスした状態で検査を受けて頂きます。担当医師に御相談下さい。(適応にならない方もいます。)
  5. 二酸化炭素を用いた、腹部の張りの少ない送気下での検査を実施しています。
  6. 専用の洗浄機を用いて、安全・清潔を徹底した内視鏡管理を行っています。
  7. うるしばらクリニックでは大腸癌早期発見のために、血管の変化を捉えるハイビジョンNBI拡大内視鏡システムと、より微小な病変を早期に発見するためのインジゴ色素法を実施し、正確な診断を心がけております。

お問合せ・お申し込みは TEL:0284-70-7177までお電話ください。

PAGETOP
Copyright © うるしばらクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.