足利の内科・皮膚科、形成外科、最新の医療レーザーによる美容診療

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

栃木県足利市足利市借宿町610-7

  • うるしばらクリニック|足利市
  • うるしばらクリニック|足利市
  • うるしばらクリニック|足利市
  • うるしばらクリニック|足利市

8月休診日のお知らせ

下記の通り休診となります。

・8/17(水)から通常通りの診療となります。
・8/17(水)午前の受付開始は8/12(金)15時~です。

皆様のご健康をお祈りしております

うるしばらクリニックスタッフ一同

うるしばらクリニックスタッフ一同

職員を募集しております。

より良い医療を患者様に提供する為に、
うるしばらクリニックは看護師を募集しております。
ぜひ貴女の力をお貸し下さい。

●看護師(正・准)     3名
(内科・皮膚科・美容皮膚科・皮膚科形成外科)

お気軽にお問い合わせください。 0284-70-7177  事務長 永島まで

医療法人邦史会 うるしばらクリニック

漆原 史彦医師

無痛式大腸内視鏡施行中 漆原 史彦医師(昭和医大) 足利日赤消化器内科 副部長

大腸内視鏡の結果説明

大腸内視鏡の結果説明

便秘と下痢の特別外来より

便秘と下痢の特別外来
健やかな腸と健康的な美肌についてのご説明

待合室

待合室

受付カウンター

受付カウンター

<皮膚科>中庭をのぞむ診察 兼 注射カウンター

<皮膚科>中庭をのぞむ診察 兼 注射カウンター

<皮膚科>アットホームな診察室 兼 処置ベッド

<皮膚科>アットホームな診察室 兼 処置ベッド

診察室
中廊下

中廊下

中廊下
内科院長とスタッフ

内科院長とスタッフ
足利市医師会長としての職務に加え、内科一般外来診療・胃内視鏡他各種検査・老人ホーム往診に至るまで看護師共々頑張っています。

胃のレントゲン検査中

胃のレントゲン検査中

胃のレントゲン操作中

胃のレントゲン操作中

藤崎医師 消化器外科 藤田保健衛生医大客員教授・慶応医大客員講師 当院では難治症例胃カメラ担当

藤崎医師(慶応医大) 消化器外科 藤田保健衛生医大客員教授・慶応医大客員講師
当院では難治症例胃カメラ担当

瀬尾医師 足利日赤・消化器外科副部長 胃・大腸内視鏡担当 早期癌の発見に尽力いただいております。

瀬尾医師(慶応医大) 

漆原邦之医師 痛くない胃内視鏡

漆原邦之医師 現足利市医師会長 痛くない胃内視鏡

画像モニターで病変部を確認中

画像モニターで病変部を確認中

超音波検査施行中

超音波検査施行中

内科診療室①

内科診療室①

CT操作室

CT操作室

CT施行中

CT施行中

須賀医師

須賀医師 順天堂(浦安)皮膚科教授 皮膚科難治症例担当、セカンドオピニオン外来開設。

原田技師

原田技師 皮膚超音波エコー、乳がん検診等担当。

レーザー室前の廊下

レーザー室前の廊下

2階の美容レーザー室

2階の美容レーザー室 男性脱毛の患者様に数多くご利用いただいております。雰囲気だけではない実力とアフターフォローに定評があります。

皮膚科看護師 集合写真
うるしばらクリニック皮膚科は、スタッフ全員によるチーム医療をmottoとしております。

皮膚科ナーススタッフ全員による症例検討会。いつも熱の入るミーティングです。

神谷Chief 看護師
皮膚科、美容皮膚科、総合責任者
治療、処置室担当
本年も新人看護師の指導、処置治療の相互連絡にと忙しく飛び回っています

荒井看護師
アレルギー検査、データ管理 説明担当

初診患者予診 医師(須賀Prof. 漆原Dr.)診察室担当
注射処置全般担当

足浴室 水虫治療、爪水虫処置や糖尿病患者の足趾全体のチェックをしています。

皮膚科ダーモスコピィ各種 皮膚癌早期発見、皮膚病変確定診断に使用します。

皮膚科スタッフミーティング 定例のダーモスコピィ研修会。

羽原看護師
光線療法担当 3機種を使い分け難治症例を担当しています。
尋常性白斑
機種  エキシプレックス308 (株)アブリルート

アトピー性皮膚炎(外用・内服では難治の方、脱ステロイドを希望する方)
尋常性乾癬の全身型
機種 ナローバンド (株)オリオンラドセーフメディカル

掌蹠膿泡症 難治性アレルギー性手湿疹

円形脱毛症 尋常性乾癬の頭部病変 アトピー性皮膚炎の頭部病変
機種 エキシライトマイクロ (株)DKSHジャパン

土佐泰祥教授(昭和大学形成外科教授)
皮膚癌の手術から眼瞼下垂手術まで広く行なっています。
現在、慶應大学病院形成外科にても手術を担当しています。

伊藤医師(慈恵医大)
しみ 肝斑 くすみ にきびあと等、各種レーザー治療担当
お気軽に御相談下さい。

形成外科認定専門医としてキャリアを活かし、美しく繊細な手術を心がけています。(伊藤医師)

加齢によるしわ・たるみなど、ヒアルロン酸 ボトックス注射の御相談を受け付けております。

川島看護師
メディカルトリートメント(中・高生含、にきび治療)

鶏眼(うおのめ)・胼胝(たこ)・疣贅(いぼ前処置)のスペシャリスト

川島看護師
鶏眼(うおのめ)・胼胝(たこ)・疣贅(いぼ前処置)のスペシャリスト

松本看護師
美容レーザー担当

各種しみを始めとし男女のレーザー脱毛・アンチエイジングレーザーなどを担当しております。

事務職員集合
後列中央 永島事務長(うるしばら介護施設理事 兼務)
まだまだ、至らない点も多く患者様にご指導いただき其々が成長できるように、努力を怠らず職務に取り組む所存です。宜しくお願い致します。

事務長室にて。看護部門から医療事務へ申し送り中。

ほっと ひと息 ティータイム

職員用戸建別棟

職員用戸建別棟

display:none;中 うるしばらクリニックの様子

うるしばらクリニックの様子を写真でご紹介いたします。

漆原 史彦医師

無痛式大腸内視鏡施行中 漆原 史彦医師 足利日赤消化器内科 副部長

大腸内視鏡の結果説明

大腸内視鏡の結果説明

便秘と下痢の特別外来より

便秘と下痢の特別外来
健やかな腸と健康的な美肌についてのご説明

待合室

待合室

受付カウンター

受付カウンター

皮膚科診察室① 漆原志おり医師 あいかわらず元気!です。

皮膚科診察室① 漆原志おり医師 あいかわらず元気!です。 2016年当時

皮膚科診察室②

皮膚科診察室②

中廊下

中廊下

中廊下

中廊下

注射カウンター

注射カウンター

中庭

中庭

胃のレントゲン検査中

胃のレントゲン検査中

胃のレントゲン操作中

胃のレントゲン操作中

漆原邦之医師 痛くない胃内視鏡

漆原邦之医師 現足利市医師会長 痛くない胃内視鏡

画像モニターで病変部を確認中

画像モニターで病変部を確認中

超音波検査施行中

超音波検査施行中

光線療法室①

光線療法室①

内科診療室①

内科診療室①

内科診療室②

内科診療室②

CT操作室

CT操作室

CT施行中

CT施行中

中待合室と新しい注射カウンター

中待合室と新しい注射カウンター

カウンターでの注射風景

カウンターでの注射風景

レーザー室前の廊下

レーザー室前の廊下

2階の美容レーザー室

2階の美容レーザー室 男性脱毛の患者様に数多くご利用いただいております。雰囲気だけではない実力とアフターフォローに定評があります。

レーザー室にて

レーザー室にて

痩身ヴァンキッシュ室全景

痩身ヴァンキッシュ室全景

ヴァンキッシュ施工中(痩身)

ヴァンキッシュ施工中(痩身)

診療案内

「事前受付方法」が変わりました。

午前中の受付は前日※の午後3時から業務終了までと、当日午前8時からとなります。
※月曜午前の受付は土曜日午後3時からとなります。
夜間の受付はできません。午後の受付は当日お昼12時からとなります。

火~土
午前 土曜 午後3時~業務終了まで

注)夜間の受付はできません

当日 朝8時~
前日 午後3時~業務終了まで

注)夜間の受付はできません

当日 朝8時~
午後 当日 昼12時~

当院院長が足利市医師会の会長に選出されました。

医療法人 邦史会 うるしばらクリニック院長 漆原 邦之が、足利市医師会の会長に選出されました。(2020年6月)

新型コロナを始めとし、心穏やかでない毎日が続いており、また医療を取り巻く社会的環境も厳しくなっております。足利市医師会は常に患者様のために医療に徹し、結束して地域医療の充実に向けて努力してまいる所存です。

医院長 漆原 邦之 のご紹介

漆原 邦之医師
うるしばらクリニック・医院長

●2020年6月より足利市医師会会長に着任

足利市介護認定審査会会長、栃木県医師会代議員議長を務め、栃木県医師会と足利市医師会のまとめ役として地域医療に貢献。各市の医師会の横の連携を担い、地域に根ざした医療に尽力。
老年期医療に真摯に向き合いながら、日本消化器内科学会認定胃内視鏡専門医として、また、かかりつけ医として患者様のために尽くす。

PROFILE:岩手医科大学卒業。日本内科学会認定内科医。消化器内視鏡専門医。認定産業医。認知症サポート医。
国の介護保険制度が制定される前から複合型介護施設というシステムを提言し、居宅介護複合施設うるしばら、ケアルネッサンスうるしばらを開設、運営。医療と介護の真の連携を模索し現在に至る。

皮膚科からのお知らせ

日頃お問合せの多い
皮膚科 漆原志おり医師の令和4年度の診療日は以下のようになっております。

Dr. Shiori Urushibara, a dermatologist who is highly requested by our patients, will be available in 2022 on the following dates.

うるしばらクリニック皮膚科 漆原志おり医師より

長きにわたり皮膚の病気に向き合ってまいりましたが、最近特に感じることは皮膚病と内臓疾患の関連性についてです。
例えばアトピー性皮膚炎での食物アレルギーが腸の成長と共に免疫寛容(アレルギーがおきにくくなる現象)が生じ、85%近くのお子さんがアレルギーをおこさずに摂食できるようになること。
また逆に胃腸系の弱いお子さんはアトピー症状がなかなか改善できないこと。
また、しつこいざ瘡(にきび)に悩まされる方達に多い便通異常(便秘・下痢)・腸内フローラの乱れが存在すること。
さらに長期にわたる蕁麻疹の女性に見られる、治療を必要とするレベルの貧血・各種膠原病・十二指腸潰瘍・胃潰瘍などは、よく遭遇する組み合わせです。
最近約10年間の皮膚科外来において、高齢者の多形慢性痒疹(とても頑固な皮膚炎)の背景には、消化器系の悪性腫瘍の存在、また糖尿病・肝機能低下・腎臓病などが発見されています。
特にうるしばらクリニックにおきましては、消化器の専門医が複数在籍するため、非常に難治性の皮膚病の患者様の大腸内視鏡における大腸癌やポリープの発見率胃内視鏡におけるピロリ菌の検出率が高くなっています。
この様なケースでは、大腸癌手術、ピロリ菌の除菌などの治療により皮膚病はほぼ完治します。
皮膚は内臓をうつす鏡といわれます。爪・髪の毛・舌や粘膜を含む体表面のすべてが内臓の病気や患者様の状態をあらわすシグナルだと考えております。
皮膚科医の力は単独では微力であり限界もありますが、内科のバックボーンがあれば患者様の多種にわたる病気の予兆を知りうるパイロットとしての役割をはたしていけると思われます。

●From Dr. Shiori Urushibara, Department of Dermatology.

Throughout my career as a doctor, I have always been concerned about the relationship between skin diseases and internal diseases.

Dermatologists have their limitations, but with the backing of internal medicine, I believe I can be like a pilot who can learn the signs of various diseases in patients.

The Urushibara Clinic can help you solve these problems.

Please come and visit us at the Urushibara Clinic.

ドクター紹介

漆原 史彦医師
足利日赤消化器内科・副部長

●うるしばらクリニックにおいては便秘・下痢専門外来と胃・大腸内視鏡を担当。

皮膚科臨床に精通し、腸と皮膚病の関係性をテーマとしにきび、蕁麻疹、頑固な皮膚病と胃腸疾患という観点からの診療をサポートしている。

PROFILE:足利市こばと幼稚園、南小学校より都内私立巣鴨中高を経て昭和大学医学部入学、同大学院卒業。昭和大学横浜北部消化器センター入局。工藤進英教授のもと大腸内視鏡の研鑽を積む。山梨日赤内科配属後、令和1年より足利日赤消化器内科に入職。日本消化器内視鏡学会専門医。

診察日:第1・3 金曜日、第4土曜日 午前


Fumihiko Urushibara, M.D.
Ashikaga JRC, Gastroenterology, Deputy Director

●At Urushihara Clinic, he is in charge of outpatient constipation/diarrhea and gastrointestinal and colonoscopy.

He is also a specialist in dermatology and assists in the treatment of acne, urticaria, stubborn skin diseases, and digestive disorders, focusing on the relationship between the intestines and skin diseases.


「おなか」のお話ー漆原史彦医師よりー

●なぜ大腸内視鏡の再検査が必要なのか?

大腸ポリープ大腸癌は比較的ゆっくりと発育するため、急速に悪性の病変が出現する可能性は低いと言われています。
初回の大腸内視鏡検査で異常無しと診断されて、まずはほっと安心されたご記憶を持たれている方もいると思われます。

しかしながら、残念なことに大腸内視鏡検査で見逃されてしまうポリープや癌病変も全国的に多々有ることも確かです。

●なぜ大腸内視鏡の再検査が必要なのか?の続きはこちら

●より早期に!より正確に!より痛みを少なく!・・・新しい大腸内視鏡!

うるしばらクリニックの新しい大腸内視鏡への取り組み
より早期に より正確に より痛みを少なく…
癌死亡率の中で大腸癌は女性1位・男性3位となっています。

  1. 従来のものに比べ、早く効果が出て少量ですむ下剤(腸管洗浄剤)を取り入れています。
  2. 短時間での内視鏡検査を可能にするために、軸保持式短縮法という挿入法を実施しています。

●より早期に!より正確に!より痛みを少なく!・・・新しい大腸内視鏡!の続きはこちら

●あなたの性格は腸内細菌が決めている!?

疲れていたり、とても緊張したり、泣く程悲しかったり、強い怒りを感じた時におなかの痛みと共に下痢をしたり便秘をしたりといった状態は、多くの方が経験していると思います。
このようなストレスという脳からのシグナル腸の異常という形で現れ、症状の重い方は【過敏性腸症候群】と呼ばれています。

●あなたの性格は腸内細菌が決めている!?の続きはこちら

漆原史彦医師による特別便秘外来・下痢外来について

8月・9月の漆原史彦医師による特別便秘外来・下痢外来は、下記のとおりになります。

8/19(金)

9/2(金)、9/16(金)、9/24(土:午前)

美容皮膚科からのお知らせ

令和3年8月より、美容皮膚科・形成外科担当の
伊藤久子医師(慈恵医大)の診察は予約制となります。

・しわ、しみ
・顔のたるみ

・ニキビ専用レーザーやレーザー脱毛(男女共)、
・ヒアルロン酸、ボトックス
・アンチエイジング

等幅広くご相談にのります。(予約無しの場合も空き時間をご案内します。)

美容皮膚科・形成外科 伊藤久子医師
毎週金曜日診察日となります。

午前9時~(美容、形成外科手術)
午後3時~(美容相談、ヒアルロン酸、ボトックス、各種レーザー)


ご予約は0284-73-1212
担当 受付 吉川 もしくは 看護師 神谷 まで

金曜日以外美容皮膚科・美容外科のご相談は、
漆原医師、須賀医師、土佐医師のいずれかが担当致します。
お気軽にご相談下さい。


●Notice from the Department of Cosmetic Dermatology

Dr. Hisako Ito (Jikei Medical University) will be in charge of cosmetic dermatology and plastic surgery.

Every Friday is a consultation day.

She will be available by appointment only.

・Wrinkles and blemishes
・Sagging of the face
・Laser treatment for acne and laser hair removal (for both men and women)
・Hyaluronic acid, Botox
・Anti-aging      etc.

当院 サポート・ドクター

須賀 康医師
順天堂(浦安)病院皮膚科教授

●難治性皮膚疾患:角化症・水疱症・色素異常などを専門領域とする。

●美容皮膚科部門:日本美容皮膚科学会理事・レーザー指導専門医
●光・レーザー治療
●ニキビ治療
●保湿・紫外線防御などのスキンケアにおいては美容皮膚科における指導的立場である。アンチエイジング医療においての理論と手法には定評がある。

診察日:第1・3 水曜日 午前


Dr. Yasushi Suga
Professor, Department of Dermatology, Juntendo Hospital

●Specializes in intractable skin diseases: keratosis, blistering, pigmentary abnormalities, etc.

・Light and Laser Therapy
・Acne treatment
・Moisturizing and UV protection
・Anti-aging

Consultation days: 1st and 3rd Wednesdays before noon.

当院 サポート・ドクター

土佐 泰祥医師(昭和大学教授・形成外科)

●口唇口蓋裂の高度難治例の手術を専門領域とする。
●うるしばらクリニックに於いては皮膚癌の手術を25年以上にわたり担当。他医にての手術痕の修正手術を行う。

●美容外科領域ではホクロ除去、二重形成他、眼瞼下垂手術・リフティング手術(ボトックスやヒアルロン酸の適応外の方)などのアンチエイジング手術を専門分野とし、芸能界にも多数のファン患者を抱える。

PROFILE:2011年より毎年、マダガスカル共和国を訪れ、口唇裂・口蓋裂に苦しむこどもたちの治療と現地での専門医の育成に力を注ぎ、マダガスカル政府より勲章を授与される。その内容は「ガリレオX」(BSフジ)で放映された。

診察日:水・土曜日
診察・手術共に要予約となります。
(美容外科に関してはまずは漆原医師の診察を受けて下さい)


Dr. Yasuyoshi Tosa
Professor of Plastic Surgery, Showa University

●Specializes in surgery for highly refractory cases of cleft lip and palate.

He has been performing skin cancer surgery at the Urushibara Clinic for more than 25 years.

In the field of cosmetic surgery
・Mole removal
・Double eyelids surgery
・Ptosis (droopy eyelid), etc…

Has many fan patients in the entertainment industry.

Consultation days: Wednesdays and Saturdays
Appointments are required for both consultations and surgery.
(For cosmetic surgery, please see Dr.Urushibara first.)

当院は内科 皮膚科 形成外科それぞれ専門性の高い医師が担当致しております。

尚、美容皮膚科部門はこちらをクリック
↓↓↓

うるしばら美容皮膚科のホームページを独立させました

美容皮膚科からのお知らせ

ご来院時のお願い

お願い

風邪症状(発熱・咳・だるさ等)がある患者様は、
院内へ入らず電話でお知らせください。

駐車場の車内でお待ちいただければ、スタッフがお伺いします。

TEL:0284-70-7177

※回線が混み合っている場合は0284-73-1212へお電話下さい。

マスクの着用をお願いします

院内では必ずマスクを着用し、
スタッフの指示がある時以外は外さないでください。

ご理解ご協力をお願いいたします。

検温にご協力ください

待合室に入る際は、必ず入り口で体温測定をしてからお入りください。
車いすの方や小さなお子様などカメラでの検温が難しい方は、受付職員にお声掛けください。

駐車場のご案内

新駐車場

職員駐車場

お車が停められない時は、下記の駐車場をご利用下さい。

皮膚の大病の後にもリハビリは必要⁉️

当科オリジナル製品のもうひとつの役割
治療は終わったけれども一般の香粧品使用にはまだ不安のある患者様へ

※ずっとお使いいただいても問題ありません
※再発を防ぐための予防手段としても役にたちます
※当科のオリジナル製品の成分表は希望される患者様にクリニック受付でお渡ししております

乾燥のひどい方へ

For severely dry skin

特にお顔のしわの気になるところにお使いください
Used especially for facial wrinkles

ブラック レーベル モイスト

一般の化粧品では乾燥の止まらない方のためのワンランク上の高濃度保湿剤です。
お顔全体、特に目まわり、口まわりにお試しください。(しわにも効果があります)
うるしばらクリニックオリジナル香粧品のなかでは最も保湿力にすぐれています。(当院フェイスクリームとの併用可)
¥1.980(税込)


It is a highly concentrated moisturizer of a higher rank.
It is the most highly moisturizing cosmetic among Urushibara Clinic's original cosmetics.

当院にお気軽にご相談ください

うるしばらクリニックオリジナルコスメ

Urushibara Clinic Original Cosmetics

For more information below

にきびでお悩みの患者様へ

For those who want to cure their acne.

2021.11 うるしばらクリニックの皮膚科・美容皮膚科の医師と看護師達による共同研究でスプレー式のにきびローションがようやく完成しました。是非お試し下さい。

うるしばらクリニックオリジナルのニキビ用ローションです。
スプレー式で2~3回 push して5秒程待ってから両手でお顔全体に軽くなじませてください。

容量:50mL ¥890(税込)

●男女の背中・胸のにきびにはこちらをどうぞ
容量:100mL ¥1,680(税込)

●効能●
#1 Acne菌の増殖をおさえる
#2 配合ビタミンCで、にきびあとをうすくする
#3 保湿成分を加えることによってなめらかで抵抗力のある皮膚に導く

●治療薬との併用●
このローションをスプレーしたあとに治療外用剤を使用してください

●適応●
・小学校高学年、中・高生のにきび
・おとなにきび
・にきびの予防をしたい方

要冷蔵・遮光
※よく振ってからご使用ください


●For those who want to cure their acne.
We have developed a special mistral lotion for curing acne in our clinic.
You can only get it at our clinic.
It is effective for acne not only on your face, but also on your back, chest, and other parts of your body.
Please feel free to visit the Urushibara Clinic.

薄毛粗毛脱毛でお悩みの女性患者様

For women who are concerned about thinning hair.

For more information below

男性用発毛剤ミノキシジル販売開始いたしました

For men who are concerned about thinning hair.

For more information below

今年も、花粉症の季節がやってきました!            花粉症の点眼薬・点鼻薬です

コロナ感染と初期症状が似る事も有りますので見分ける為にも早めの受診をお勧めします。
(内科・皮膚科いずれも診療体制をとっています。)

ご希望の方は、医師・看護師までお問い合わせください。

新しい帯状疱疹ワクチンについて<シングリックス

新しい帯状疱疹ワクチン
シングリックスの予約開始しました

※コロナウイルスワクチン後、約1カ月後から接種可能です。
※予約に関しては受付までお問い合わせください。

これまで長い間、帯状疱疹の予防手段のために当院でも既存の水痘生ワクチンを応用接種してきましたが、ようやく桁違いに有効倍率の高い新しい不活化ワクチン シングリックス が発売されました。

帯状疱疹はどの部位に発症しても、長期にわたって痛みが残る帯状疱疹後神経痛を発症する可能性があります。全国的には50代以降の帯状疱疹の患者様の2割に見られるようです。

 

グラクソ・スミスクライン株式会社「帯状疱疹予防啓発冊子」より掲載

【詳しくはこちらをご覧ください】

食生活とニキビの関係は?グルテンは肌に悪い?

うるしばらクリニックが推奨するオバジ社(Obagi)の香粧品について

漆原医師会会長のコメント

足利市医師会は、新型コロナワクチン接種に対する国からの要請を受け、足利市との協力体制のもと、足利市医師会所属の全医療機関の協力で、ワクチン接種を行っております。私たち足利市医師会は、国の最重要事業である今回のワクチン接種事業に対して、医療人としての使命と考え取り組んで参ります。

個別接種の開始決定に当たっての早川市長メッセージ

新型コロナワクチン接種に御協力をいただいております、足利市医師会の先生方には心から感謝申し上げます。
集団接種、個別接種、いずれかの方法で、希望するすべての市民のみなさまにワクチンを接種できますので、落ち着いて、ご予約いただきますようお願い申し上げます。今後も、足利市医師会と連携を図りながら、より安全で効率的なワクチン接種を実施できるよう全力で取り組んでまいります。

介護施設からのお知らせ
うるしばらクリニック系列経営のグループホーム・有料老人ホーム併せて105名の入居者様と、介護施設職員120名コロナワクチン2回目の接種が無事終了致しました。入居者様、職員全員、共に元気に過ごしております。

入居者様への新型コロナ予防接種のご報告
去る6月2日、当クリニックグループの居宅介護複合施設うるしばらでは、78人の入居者様に1回目のファイザー製コロナワクチンの接種を行いました。
また、2回目の接種を6月23日に予定しております。

院長より 新型コロナ予防接種のご報告
当クリニックでは他の医療機関と連携しながら、5月は、4日間にわたり、新型コロナ予防接種会場への医師、看護師の派遣を予定しております。

院長のコメントが掲載されました。

(両毛新聞掲載)

足利市医師会は山林火災復興に寄付いたしました。

先般の足利市山林火災復興に足利市医師会が寄付を行いました。

林野火災の復興へと市医師会は市へ100万円を寄付。漆原邦之会長と斎藤安敏事務長が市を訪問し感謝状を寄与された。
(栃木よみうりタイムス掲載)

当クリニックの院長が式辞を行いました

当クリニックの土佐泰祥医師が、教授に就任いたしました。

この度、昭和大学病院(形成外科)の新設部門である、手術コントロール室の教授(学長直属)に就任されました。土佐教授は、当クリニックにて形成外科専門医として皮膚癌をはじめ様々な手術執刀を行なっております。

display:none;中

コロナに負けないで!!

🌿全職員、ワクチン接種済み

display:none;中

display:none;中

コロナ禍の時代を共に生きる貴女へ。

この一年、ため息をつくしかない日々を何度もおくられてきたことと思います。
どんな時代にどんな事が起ころうとも、女性として身も心も凛と保ち美しくある気持ちを忘れずに毎日を過ごしましょう!

マスクを外して鏡をきちんと見てみましょう………
少し手抜きをしたお顔が映っていませんか?
ピンチをチャンスに替えて、この時だからこそ☆新しい美容医療☆を体験してみましょう。

● 美容皮膚科 形成外科担当

伊藤久子

皮膚科 総責任者・医師

漆原志おり

この時期だからこそ、マスク下のしみをお取りになるチャンスです!!

マスクによる皮膚トラブルでお悩みの方へ
メディカル・リセットコース

うるしばらクリニックの技術のすべてが詰まった贅沢な美容施術です

マスク着用やストレスなどで肌がくすんだり、たるんだり、接触による色むら、しみが発生したり、お肌の老化劣化が多くの患者様に見られるようになりました。
そのお悩みを解決するためにうるしばらクリニック美容皮膚科から≪メディカル・リセットコース≫を御案内します。

患者様のお悩みを解決し、輝くようなお肌に導くためにうるしばらクリニックのスタッフが何度もミーティングを積み重ねていきます。
………私共にお任せ下さい!

《 メディカル・リセットコース 》

¥38.000-
☆以下の施術すべてを1日で完了させます☆

月1回のみの施術となります
※満足のいくまで何度でもお申込みできます

詳しくは、皮膚科・美容皮膚科医師、スタッフまで

リフトアップ手術をご紹介いたします。

ヒアルロン酸注射が進化しました

当院は今までのヒアルロン酸1.8~2.0倍効果が持続する新しいタイプのニューヒアルロン酸(ロングタイプ)に製品を統一致します。

アラガン社製ヒアルロン酸
●ジュビダームビスタ:ボリューマXC ¥75,000
●ジュビダームビスタ:ボリフトXC ¥70,000

display:none;中

4・5・6月限定 コロナに負けない!うるしばらクリニックからのエールです!

Spring age revolution! =春の年齢革命!=

しわでお悩みの患者様へ

ヒアルロン酸をはじめてお試しになりたい方へ

4・5・6月のみ目尻もしくは眉間のしわ用のボトックス施術を1ヶ所プレゼント致します。
お申し込みは皮膚科・形成外科 医師または看護師まで。

(アラガン社)
ヒアルロン酸1A ¥60,000-施術の方は
ボトックス ¥35,000- → ¥0となります。

ボトックス注射 ●表情じわ●

気になる「しわ」、種類に合った治療があります。

眉間や目尻の表情じわ
表情が変化するときに筋肉を動かすことなどが原因でできてしまうのが、表情じわ。
気になりやすいのは、眉をひそめたときにできる眉間のしわや、笑ったときにできる目尻のしわです。
年齢を重ねるにつれ皮膚の弾力が低下すると、同じ表情を繰り返しているうちに、しわがそのまま残り、消えなくなります。

有効なのは、ボトックス注射
しわを治療するにはレーザーや外科手術、外用薬などの方法がありますが、ボツリヌス治療は天然のたんぱく質の一種、ボツリヌスを注射し、しわの原因となる表情筋をリックスさせることで、しわを改善する治療法。
ボトックスビスタ®は、ボツリヌス治療の代表的な薬剤で、表情じわの改善に効果を発揮します。
効果のあらわれ方には個人差がありますので、医師にご相談ください。

 

ボトックス治療とヒアルロン酸注入治療を組み合わせることや、複数の部位に施術することも可能です。
お顔全体にアプローチするしわ治療で、より自然な美しさを目指すことができます。

うるしばらクリニックでは、アンチエイジング注射のボトックス・ヒアルロン酸は、厚生労働省の承認品である「アラガン社」の製品を使用しています。

アラガン社は、厚生労働省による品質・有効性・安全性の厳しい審査をクリアして、国内で初めて製品製造承認を取得し、徹底した品質管理を実施しております。
この治療を行うことができるのも、所定の講習を受け、認定された医師のみです。

当院にはアラガン社の認定医が3名在籍しておりますので、いつでもお気軽にご相談ください。

目元の老化、トラブルにdr.Obajiから待望の画期的なアイセラムが発売

R.3 11月発売 Gファクターアイセラム

目まわり老化しわたるみが気になる方へ

医師の開発した塗るボトックスが発売されました。

しみ・くすみ・肝斑…
うるしばらクリニックのおすすめコスメです

しみ・くすみ・肝斑などでお悩みの方で、レーザー治療を選ぶ前にお試しいただきたいコスメです。
患者様に、「より品質の良いものを」というコンセプトで誕生したクリニック限定化粧品です。

保険適応!
【にきび】【とびひ】の新薬をご案内します。

ゼビアックス油性クリームは、とびひ水ぶくれジュクジュクした治りにくい患部への塗り薬です。

保険適応!
頭部の尋常性乾癬、頭部湿疹皮膚炎の治療用シャンプーです

コムクロシャンプーは、頭部の尋常性乾癬、湿疹・皮膚炎の治療用シャンプー外用液剤です。

保険適応!
乾癬の外用治療薬のドボベットフォームができました

今まで、ドボベット軟膏、ドボベットゲルがありましたが、新たな剤形が加わりました。

保険適応!
ノーステロイドアトピー性皮膚炎専用の軟膏が発売!

小児用に濃度0.25%が追加され、アンチステロイドの患者様に処方できるようになりました。

白斑・脱色素でお悩みの方へ

●当院では「尋常性白斑」の治療にエキシライトマイクロを使用しております。
(保険治療)

白斑治療期のカバーとして「タドレス」をご使用ください。

ダドレスは「白さ」を「目立たなくする」化粧水です。
●医師の診察を受けてからご使用下さい(ごく稀ですが、アレルギー反応がおこります。)

グラファ ダドレス(透明タイプ)

肌の色素が抜けた部分を一時的に着色し、症状を目立たなくするための着色用化粧水です。透明なのでご使用後すぐにお出かけする場合などに便利です。
容量:11ml 3,080円(税込)要冷蔵
※はじめての方には、塗ったところが見える「ダドレスC(色つきタイプ)」がおすすめです。

グラファ ダドレスC(色つきタイプ)

塗ったところが一目瞭然。
見える「ダドレス」、色つきタイプ。
肌の色素が抜けた部分を一時的に着色し、症状を目立たなくするための着色用化粧水です。はじめての方でも簡単にご使用できます。
容量:11ml 3,080円(税込)要冷蔵

【使用方法】

ダドレスC(色つきタイプ)での使用例

  • 液を浸透しやすくするため、必ず塗布前に塗布部分の汚れや油分を洗い落とし、しっかりと乾かしてください。
  • 付属のチップ(スポンジタイプまたは筆タイプ)をダドレスに浸し、ビンの口の部分で塗布する液量を調整してください。
  • 肌の白い部分からはみ出さないようにダドレスをムラなく塗布します。(境界線より約1mm程度内側を目安に塗ってください。)
  • 一度にたくさん塗る必要はありません。特にはじめての方は薄く塗ってください。

塗布後、約3時間で発色し始め、約6時間で色が定着します。 色つきタイプの場合、あらかじめ液に付いているオレンジ色は、発色後に洗い流すか塗れたティッシュなどでふき取ってください。 石鹸などを使用すると簡単に落とせます。

※発色した色が薄い場合や色が薄くなってきた場合には、上記の手順で再度重ね塗りしてください。
※色がお肌と合わない場合はカバーマーク オリジナルとの併用をおすすめします。

保健適用
新登場!
わき汗治療に、1回使い切りだから簡単!
『ラピフォートワイプ』

わき汗治療の塗り薬『エクロックゲル』
日本初の保険適応!

わき汗治療の塗り薬『エクロックゲル』が処方開始されました。

治り難い皮膚病の原因検索のために…

胃内視鏡・大腸内視鏡 同日検査のお知らせ

  • 仕事などの都合で日程の調整が難しく、何度も検査に足を運ぶことが出来ない方
  • 辛い検査は一度で済ませて、通院回数を少なくしたい方

胃内視鏡+大腸内視鏡検査を連続した流れの中で

1日で終了させる同日検査の予約を受付しております。

鎮静・無痛法を選択することが出来ます。

詳しくはスタッフまで。

うるしばらクリニック 胃カメラ・大腸カメラ検査担当医
2019年 当院における内視鏡検査施行件数
胃カメラ256名大腸カメラ173名


漆原 邦之  (うるしばらクリニック院長 内視鏡専門医)
藤﨑 眞人  (元足利日赤消化器外科部長)
漆原 史彦  (足利日赤 消化器内科副部長)
瀬尾 雄樹  (足利日赤 消化器外科)
杉浦 清昭  (足利日赤 消化器外科)

いずれも鎮静・無痛法を選択することが可能です。

難治性皮膚疾患(治りにくい皮膚病)への うるしばらクリニックの取り組み

慢性蕁麻疹とピロリ菌

ピロリ菌の正式名称はヘリコバクター・ピロリです。
胃粘膜に生息する微生物であり、感染経路は現在のところ不明ですが、飲み水や食べ物を介して口の中に入り感染すると言われています。同じ環境で生活している家族にピロリ菌保持者がいると、家族全員がピロリ菌に感染している可能性があると言えます。
この菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者さんはほぼ全員が持っています。また、胃癌の発生原因になると推定されています。

ピロリ菌に感染しても、消化器系は無症状の方も多くいます。しかし、別の形で病気をひきおこしているケースがあります。その代表が慢性蕁麻疹です。抗アレルギー剤(蕁麻疹の薬)をきちんと内服しても、何種類か変えてみてもなかなか治らない患者様の場合、自覚症状のないまま胃粘膜に病変が生じている可能性があります。胃内視鏡検査によりピロリ菌が確認された場合、除菌療法により蕁麻疹の改善、消失は全国的に約70%となっています。またこの除菌により将来の胃癌の発症をかぎりなく防ぐことが出来ます

頑固な湿疹・蕁麻疹と大腸癌

男女共に癌死亡原因の上位を占める大腸癌(女性1位・男性3位)については、その前段階における粘膜変化ポリープ発生の段階で
なおりにくい痒疹や頑固なかゆみを伴う慢性湿疹、治療抵抗性の蕁麻疹皮膚にあらわれることが知られています。

胃内視鏡・大腸内視鏡(無痛鎮静法)

共に皮膚病の寛解・改善・治癒を目指すための必須検査として、全国の大学病院をはじめとして広く施行されるようになって参りました。同時に患者様にとっては癌から命を守るためのペア検査となっているのです。

うるしばらクリニックでは消化器専門医が複数名在籍しているため、難治性の皮膚病で悩まされる多くの患者様にペア内視鏡検査を実施しております。

うるしばらクリニックの新しい大腸内視鏡への取り組み

より早期に より正確に より痛みを少なく…

・癌死亡率の中で大腸癌は女性1位・男性3位となっています。

  1. 従来のものに比べ、早く効果が出て少量ですむ下剤(腸管洗浄剤)を取り入れています。
  2. 短時間での内視鏡検査を可能にするために、軸保持式短縮法という挿入法を実施しています。
  3. 数種類の直径の内視鏡を常備用意し、過去において複数回の手術歴があり内視鏡が入りにくい方や、女性の患者様には、より細い内視鏡を選択しています。
  4. 御希望があれば、患者様の体質に合わせて適切な鎮静剤を選び、リラックスした状態で検査を受けて頂きます。担当医師に御相談下さい。(適応にならない方もいます。)
  5. 二酸化炭素を用いた、腹部の張りの少ない送気下での検査を実施しています。
  6. 専用の洗浄機を用いて、安全・清潔を徹底した内視鏡管理を行っています。
  7. うるしばらクリニックでは大腸癌早期発見のために、血管の変化を捉えるハイビジョンNBI拡大内視鏡システムと、より微小な病変を早期に発見するためのインジゴ色素法を実施し、正確な診断を心がけております。

●なぜ大腸内視鏡の再検査が必要なのか?

大腸ポリープ大腸癌は比較的ゆっくりと発育するため、急速に悪性の病変が出現する可能性は低いと言われています。
初回の大腸内視鏡検査で異常無しと診断されて、まずはほっと安心されたご記憶を持たれている方もいると思われます。

しかしながら、残念なことに大腸内視鏡検査で見逃されてしまうポリープや癌病変も全国的に多々有ることも確かです。
癌死亡者の女性の1位、男性の3位が大腸癌という現実は内視鏡医にとっては悔しい限りです。

海外の研究報告では大腸ポリープの20%近くが発見を免れ、10㎜以上のポリープでさえ2%は見逃しがあるとされています。

大腸癌の治療を受けた方は年一度の検査は勿論ですが、大腸ポリープ切除術を受けて良性だった方も、年齢・ポリープの性状、・大きさ・部位・個数などを踏まえた上で、
担当医師の指示に従い1~3年に一度内視鏡検査を再度受けて下さい。

うるしばらクリニック
胃カメラ・大腸カメラ検査担当医

【上部消化管(胃・十二指腸内視鏡)】
漆原 邦之  (うるしばらクリニック院長 内視鏡専門医)
藤﨑 眞人  (元足利日赤消化器外科部長)
【下部消化管(大腸内視鏡)】
漆原 史彦  (足利日赤 内科副部長)
瀬尾 雄樹  (足利日赤 消化器外科)
杉浦 清昭  (足利日赤 消化器外科)

なぜ大腸内視鏡の再検査が必要なのか?
ピロリ菌除菌後の胃内視鏡検査について
 

胃癌の方の99%はピロリ菌感染者です。

では、ピロリ菌を除菌すれば一生胃癌にならないか?
残念ながら答えはNOです。

胃内視鏡によってピロリ菌がみつかり、除菌して、ようやくピロリ菌がいなくなってほっとした患者様もたくさんいると思われます。
もう胃癌からも胃カメラからも解放された…?ちょっとお待ち下さい!
ピロリ菌が感染した胃の粘膜は、慢性的な炎症で萎縮してしまいます。
(慢性胃炎≒萎縮性胃炎)この萎縮した粘膜が胃癌の発生母地になります。
除菌によってそれ以上胃炎が広がるのを防ぐことが出来ますが、一度萎縮した粘膜は完全には完治しません。

実際にピロリ菌除菌によって胃癌の発生率は1/3下がると言われていますが(これはもちろんとても大切なことですが)、ピロリ菌未感染の方に比べて胃癌になりやすいことには変わりないのです。

実際に診療をしていると、ピロリ菌除菌後に「これでもう胃癌には一生ならない」と過信され何年も胃内視鏡検査をせず、胃痛や体重減少などの症状で受診されたときには進行癌を発症しており、手術や抗がん剤治療が必要になるケースを経験します。

除菌後も胃内視鏡の検査を定期的に受けていれば胃癌を早期発見できるため、命に係わらず、場合によっては内視鏡治療で根治が可能になります。

ピロリ菌除菌後も年に一度は必ず胃内視鏡検査を受けましょう!

<追記>
ピロリ菌除菌後、癌細胞が正常胃粘膜に擬態しその下で密かに生き延びて、免疫力低下などのチャンスがあれば増殖し本性をあらわし胃癌として発症するということが、研究の結果確認されています。除菌後の特有な胃癌の一つと言えます。
除菌後の胃内視鏡は、このことに習熟した専門医がより精密に検査する必要があります。
当院では、消化器専門医4名体制で精密内視鏡検査を行っています。

ピロリ菌感染時と除菌後の胃粘膜変化

正常な胃  ピロリ菌に感染する前のきれいでなめらかな胃の粘膜 ピロリ菌に感染する前のきれいでなめらかな胃の粘膜
ピロリ菌に感染した胃  ピロリ菌に感染した胃粘膜のびまん性発赤が認められます。 ところどころ赤くただれているのがわかります。 ピロリ菌に感染した胃粘膜のびまん性発赤が認められます。
ところどころ赤くただれているのがわかります。
ピロリ菌感染が進行した状態  ピロリ菌の感染がさらに進行すると、粘膜が縮んで表面が左のような状態になります。 ピロリ菌の感染がさらに進行すると、
粘膜が縮んで表面が左のような状態になります。
除菌後の胃粘膜  きれいなピンク色の部分が多くなりましたが、ところどころピロリ菌感染の委縮のなごりがあります。 きれいなピンク色の部分が多くなりましたが、
ところどころピロリ菌感染の萎縮のなごりがあります。

参考資料「胃と腸」Vol.52

当院の皮膚癌症例を供覧いたします

臨床診断:漆原 志おり医師

執刀医 :土佐泰祥(昭和大学形成外科 教授)
当院は昭和大学形成外科科学教室より正式な認可をいただき、提携クリニックとして大学からの全面的なバックアップ体制のもとに手術を行っております。
情報開示について
皮膚癌手術症例の情報開示

ボーエン癌

ボーエン癌|91才女性|右頬部

2021年9月10日手術
91才女性 右頬部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|67才女性|右側腹部 

2021年6月23日手術
67才女性 右側腹部
病理組織標本

ボーエン癌|84才女性|腰背部

84才女性 腰背部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|64才女性 背中

64才女性 背中
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|53才男性 陰のう

53才男性 陰のう
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|79才女性 右前腕

79才女性 右前腕
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|64才男性|肘部

64才男性 肘部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|59才男性

59才男性
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|76才女性|鼻下部

76才女性 鼻下部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|72才男性|右大腿後面

72才男性 右大腿後面
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|80才女性|右頸部

80才女性 右頸部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|55才男性|背部

55才男性 背部
左:ダーモスコピィ|右:病理組織標本

ボーエン癌|85才男性

85才男性


当院で行われた難易度の高い手術症例

90才男性(他院からの紹介)初診時にかなり進行した状態で来院

200

display:none;中

うるしばらクリニック皮膚科 漆原志おり医師より

漆原志おり

長きにわたり皮膚の病気に向き合ってまいりましたが、最近特に感じることは皮膚病と内臓疾患の関連性についてです。
例えばアトピー性皮膚炎での食物アレルギーが腸の成長と共に免疫寛容(アレルギーがおきにくくなる現象)が生じ、85%近くのお子さんがアレルギーをおこさずに摂食できるようになること。
また逆に胃腸系の弱いお子さんはアトピー症状がなかなか改善できないこと。
また、しつこいざ瘡(にきび)に悩まされる方達に多い便通異常(便秘・下痢)・腸内フローラの乱れが存在すること。
さらに長期にわたる蕁麻疹の女性に見られる、治療を必要とするレベルの貧血・各種膠原病・十二指腸潰瘍・胃潰瘍などは、よく遭遇する組み合わせです。
最近約10年間の皮膚科外来において、高齢者の多形慢性痒疹(とても頑固な皮膚炎)の背景には、消化器系の悪性腫瘍の存在、また糖尿病・肝機能低下・腎臓病などが発見されています。
特にうるしばらクリニックにおきましては、消化器の専門医が複数在籍するため、非常に難治性の皮膚病の患者様の大腸内視鏡における大腸癌やポリープの発見率胃内視鏡におけるピロリ菌の検出率が高くなっています。
この様なケースでは、大腸癌手術、ピロリ菌の除菌などの治療により皮膚病はほぼ完治します。
皮膚は内臓をうつす鏡といわれます。爪・髪の毛・舌や粘膜を含む体表面のすべてが内臓の病気や患者様の状態をあらわすシグナルだと考えております。
皮膚科医の力は単独では微力であり限界もありますが、内科のバックボーンがあれば患者様の多種にわたる病気の予兆を知りうるパイロットとしての役割をはたしていけると思われます。

うるしばらクリニックの様子を写真でご紹介いたします。

漆原 史彦医師

無痛式大腸内視鏡施行中 漆原 史彦医師

大腸内視鏡の結果説明

大腸内視鏡の結果説明

便秘と下痢の特別外来より

便秘と下痢の特別外来より

待合室

待合室

受付カウンター

受付カウンター

皮膚科診察室① 漆原志おり医師 あいかわらず元気!です。

皮膚科診察室① 漆原志おり医師 あいかわらず元気!です。

当院までのご案内


患者様のご来院エリアマップ

うるしばらクリニックは東京から北へ約80キロメートルの位置にあり、栃木県足利市の借宿町にあります。

足利市は、栃木県佐野市、群馬県桐生市・太田市・館林市・邑楽郡に接しています。

足利市は、日本最古の学校と言われている足利学校があることで有名です。

また近年では、あしかがフラワーパークの大藤やイルミネーションも人気になっております。

足利市の東に隣接する佐野市は東北自動車道のインターチェンジがあり、名物の佐野ラーメンや佐野プレミアムアウトレットなどを目的に、東京都内や栃木県外からも多くの方が集まる都市となっています。

足利市の南西は群馬県と接しており、古くから織物の町として有名な桐生市や、SUBARUのお膝元の太田市となっており、北関東自動車道のインターチェンジがあります。

東北自動車道と関越自動車道は北関東自動車道で繋がっていますので、埼玉県の方からも群馬県の高崎インター経由でお越しになる方がいらっしゃます。

うるしばらクリニックは足利市の南西に位置し、群馬県太田市や館林市からも通行しやすい幹線道路で繋がっているアクセスのよい立地であると言えます。

そのため、当クリニックには足利市ばかりではなく、太田市、館林市、桐生市、佐野市、邑楽郡、北関東一円、さらに高速道路をご利用になり東京からも多くの患者様がご相談に来られ、また、通っていただいております。

当クリニックの最寄りのインターチェンジは、北関東自動車道の太田・桐生インター、または足利・佐野インターです。

ご相談・お問合せ

栃木県足利市足利市借宿町610-7

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0284-70-7177

※回線が混み合っている場合は0284-73-1212へお電話下さい。

PAGETOP
Copyright © うるしばらクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.